ページTOP

在庫限り!特別価格

Mokuneji(モクネジ)xKalita(カリタ) 手動コーヒーミル COFFEE MILL

  • 特集一覧はこちら
  • スタッフレポ一覧はこちら
  • 雑記一覧はこちら
stack room 新着一覧 > スタッフレポ >

大切に、ながく使いたい!職人が作る「桐の米びつ」。

大切に、ながく使いたい!職人が作る「桐の米びつ」。



優しく上質な存在感を醸し出している
こちらの桐の箱は、10㎏サイズの米びつです。
私たちの主食であるお米を“ちゃんと”保存して、
家族で美味しく頂きたい…
と考えていた時に、巡り合いました!


抱えるとこんな大きさです。
空っぽの状態だと、軽く持ち上がります。
作りは頑丈ですが、
角が滑らかなカーブに削られていて
優しい手触りです。



以前から、調湿効果や抗菌効果に優れた桐の米びつが
気になっていたのですが、
この米びつに決めたポイント、それは「フタ」です!
スライド式のフタは開け閉めが簡単だし、
この米びつは、その開け閉めがとってもスムーズらしいのです。

なので、購入して最初にフタを確認♪
スライド式のフタが
驚くほどスムーズに開きます!
思わず子供のように
開けたり閉めたりを繰り返してしまいました。
これぞ日本の職人技ですね。



フタが大きく開くので、
お米をひと粒もこぼさずに
楽々注ぎ入れることができました♪



以前はこの位置に、
何年も前にホームセンターで買った
プラスチック製の米びつを置いていたのですが…
この変わりよう!
ビフォーアフターは想像にお任せしますが、
本当に素敵になって、小躍りしたいくらいです。



上にこれくらいの隙間があれば
十分、お米を取り出しやすいですね。
この桐の一合升も当店だけの付属品です。
昔からずっと、
こういう木の升でお米をすくいたかったんです!



「最後のひと粒まで残さず食べなさい!」と、
お米をひと粒ひと粒、大事するよう言われて育った私としては、
ようやく本格的な米びつを用意することができ、
なんだかとても良いことをしたような気持ちになっています。
毎日頂くご飯のことを
“ちゃんと”考えた国産の桐の米びつ。
箱の中でお米が喜んでいる姿が目に浮かぶようです!







朝倉家具 米びつ 桐 10kg 一合升付き Soel



シェアする

  • Facebookでシェアする
  • Google+でシェアする
  • はてなブックマークに追加
  • pinする

←スタッフレポ 一覧に戻る

ページTOPへ