薄くて軽い、ドイツ生まれの“風車のナイフ” Robert Herder(ロベルト・ヘアダー) 「オールドジャーマンナイフ」

朝食は手早く済ませたい
我が家はパン派!
でも、パンとコーヒーだけでは
栄養バランスが気になります。

そんな朝の食卓で活躍中なのが、
使い心地抜群の食卓ナイフ。

野菜や果物、乳製品やハムなどを
それぞれ好きに取り分けるのに
とっても便利なんですよ♪

風車のマークが目印の
Robert Herder(ロベルト・ヘアダー)社。
ドイツ・ゾーリンゲンの街で
120年変わらず職人さんが
手作りを続けているんですよ。

私が愛用中なのは
「オールドジャーマンナイフ」
持ち手はオリーブウッドです。

この薄さをご覧ください!

大げさではなく、
横から見ると糸のように細い…
そして、驚くほど軽いんです。

まあるい刃先とオリーブの柄で
優しい印象のナイフですが、
切れ味は滑らかすぎるほどなので、
うっかり指先を切らないように
気を付けてくださいね。

大好きなクリーミーなチーズも

スムーズにカット!

ベチャッと潰れてしまいそうな
柔らかさのチーズも、
この極薄の刃におまかせですね♪

次はソーセージです。
ここからはナイフを洗わず
連続でカットしていきます!

薄いスライスも、難なくこの通り♪

ゆで卵も…

断面がキレイです~!

ミニトマト!

リンゴだって

サクサク薄切りできて
楽しくなってきました~!

表面が硬くて
中はふわふわのパンでも、
スパッと切り分けができます。

いろいろ切ってきましたが、
ナイフの刃はピカピカ♪
切れ味の鋭さを物語っていますね。

バターやジャムを塗るにも
ちょうど良いサイズで、
まさに万能の食卓ナイフ!

お気に入りのまな板と共に、
朝食のテーブルが指定席になりました♪

 

◆Robert Header オールドジャーマンナイフ(オリーブウッド) ご購入はこちら